神経痛と運動不足

神経痛 運動不足

神経痛は神経が損傷を受けて起きるものです。

 

それが何故運動不足と関係があるのでしょうか。

 

運動不足は筋力の低下を意味します。 

 

そうなると
骨格を支える筋肉が減るということですので骨格を正常な位置に保つことが出来にくくなるのです。

 

端的に言いますと筋力不足は骨格を正しい位置からゆがんでしまうと言う事です。

 

そうなると骨が神経を圧迫しやすくなり神経を損傷させることもあるということです。

 

ですので神経痛のかたは多少の運動でいいので心がけていきましょう。 過度の運動は禁物です。 神経を損傷しかねません。

 

適度でいいのです。多少でも筋力アップすることで骨格も幾分もとの位置へ戻ることでしょう。そうなると多少でも神経痛はよくなるものと思われます。

 

神経痛の症状が重くなると動くのも厳しいものです。 出来る範囲で構いません。 ひどい人は主治医から適切なアドバイスを貰うことが大前提ですが。